会話・コミュニケーション 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/08/16 11:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
オトデザイナーズ 坂本真一さん
  • 情報提供高齢者とのコミュニケーション法 ここまでを、まとめ読み(その2) 「伝わる技術」オトデザイナーズオトデザイナーズ 坂本真一さんのプロフィール
  • 高齢者とのコミュニケーション法 ここまでを、まとめ読み! のつづきです。 職場の上司や学校の先生に、自分の想いを伝えたい。 でも、年配の方に想いを伝えるのって、なかなか難しいですよね。 だって、聞こえが落ちているんですから。 20歳を過ぎると、みんな感音性難聴になって行くんです。 だから、年配の方は、特に高い音が聞こえないんですよ。 そして、このブログでは、聞こえが落ちているメカニズムについて、 少

2位
オトデザイナーズ 坂本真一さん
  • 情報提供高齢顧客応対技術のアップを! 「伝わる技術」オトデザイナーズオトデザイナーズ 坂本真一さんのプロフィール
  • いくつものテレビ番組で、 ジェロトーク(模擬難聴システム) が紹介されました。 高齢になって、少し耳が遠くなってきた方々の聞こえ方を、 健聴な皆さんが 体験できるシステムです。 相手の気持ちに立って考えることができるようになる。 高齢者と若年者の絆が深まる。 そんな、お褒めの声を多数頂いています。 もともと、模擬難聴は、難聴というのは、単に音が小さく聞こえるという 単純な症状ではない ということを啓蒙し

3位
オトデザイナーズ 坂本真一さん
  • 情報提供高齢顧客応対技術のアップを! 〜どうすれば円滑にコミュニケーションが取れるか?〜 「伝わる技術」オトデザイナーズオトデザイナーズ 坂本真一さんのプロフィール
  • 高齢顧客応対技術のアップを! のつづきです。 もともと、模擬難聴は、難聴というのは、単に音が小さく聞こえるという単純な症状 ではないということを啓蒙し、難聴や補聴器の研究開発の必要性を皆さんに理解して もらうためのものでした。しかし、高齢者と若年者の間のコミュニケーションに関する 研究が進み、技術が進歩してきた近年は、模擬難聴を単なる啓蒙活動用としてではなく、 仕事や生活の様々な場面で活用して行こうとい
更新時刻:18/08/16 11:30現在