TOPICS

海外進出支援・海外支援 注目記事ランキング

1位〜50位

  • 1位

    熱烈プロレスファンの僕が「新日本プロレス」の広報戦略を紹介してみた

    プロレスは"世界最大のスポーツビジネス" 世界で一番儲けているスポーツ団体は「プロレス」という事実 いきなりですが、皆さんに問題です。 「世界で最も儲けているスポーツ団体ってどこでしょう?」 実は、最も儲けているスポーツ団体はサッカーでも、野球でも、バスケでも、はたまたラグビーでもありません。 なんと、「プロレス」なんです。 3位はドイツのサッカーチーム「FCバイエルン・ミュンヘン」、 2位はあの英国サッカー団体「マンチェスター・ユナイテッド」、 そして堂々の1位が、アメリカに本拠地を置くプロレス団体「WWE(World Wrestling Entertainment)」。 それもそのはず。WWEは世界100ヶ国以上をそのマーケットにし、売上高はなんと940億円に登るほどです。 この事実、ご存知なかった方は多いのではないでしょうか。 (参考: 世界規模で勢いを増す「新日本プロレス」とは? 世界に存在するプロレス団体は規模を問わずして200を越えると言われています。 しかし、その数ある団体の中で世界2位の団体と言われ、プロレスマーケットを牛耳るWWEに迫る勢いで成長しているのが、日本の老舗団体「新日本プロレス」なのです。 新日本プロレスは1972年にアントニオ猪木氏が旗揚げした団体で、2000年代の総合格闘技ブームによる低迷があったものの10年代から復活を遂げ、現在は全国各地の会場で「満員札止め」をマークし続けています。 近年の売上高は約50億円に登り、2019年1月に行われた東京ドーム大会には38000人以上、さらに同年4月にアメリカ・ニューヨークで行われた興行には16500人もの外国人が押し寄せる快挙を成し遂げています。 ※毎夏1ヶ月に渡り全国各地で開催される「"真夏の最強戦士決定戦"G1 CLIMAX」のプロモーションビデオ。映像から会場の熱気を感じ取ってください。

    VEHO BOX

    VEHO BOX

    読者になる