フランチャイズ 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/01/16 20:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
焼き鳥屋開業独立繁盛店さん
  • 情報提供フランチャイズ閉店の理由 焼き鳥開業 飲食店 資金 独立 フランチャイズ焼き鳥屋開業独立繁盛店さんのプロフィール
  • フランチャイズは閉店率が高いと言われています。 その理由は、加盟側主導でもってきた物件、ハコを どこでも許可するところにあると思われます。 加盟側の意向を通すことで加盟側の満足度は得られる。 しかし…それが閉店率に直結する。 弊社でご加盟頂いている方の中には6か月以上物件を探している方もいらっしゃいます。 その理由は、始めてから苦労するぐらいなら 物件探しで苦労して、開業後安定を手にして頂きたいからです。

2位
アントレ藤原さん
  • 情報提供FC本部社長が激白「加盟店の社員の面倒まで見られるか!」 フランチャイズ起業ヒミツ塾アントレ藤原さんのプロフィール
  • とあるフランチャイズ本部。 チェーン全体が業績低迷し、経営が苦しいオーナーが続出。本部に助けをもとめるオーナーが相次ぐなかで、とあるオーナーが本部社長に泣きついた。仮にお名前を赤塚さんとしておこう。 「加盟店であるウチの会社が苦しいと社員の給料も払えません。すでに遅れてるんです。社長、なんとか助けてもらえませんか!」赤塚さんは本部社長にすがりついた。 すると本部社長は「本部だって苦しいんだし、オーナ

3位
フランチャイズの一言居士さん
  • 情報提供モスバーガーの停滞が止まらない フランチャイズの豆知識フランチャイズの一言居士さんのプロフィール
  • かつては高級ハンバーガーの代名詞的な存在だったモスバーガーが低迷している。店舗数14年3月末時点では1419店あったが、その後は減少していき、17年3月末時点には1362店、18年3月末はさらに減少の見込みだ。1店舗当たりの売上高や客数も同様だ。何故、国産ハンバーガーチェーンの優であるモスバーガーが低迷しているかというと、まずあげられるのマックの復調だ。あれほどまでに客離れが進んだマックだが、見事なV字回復を見せて
4位 フランチャイズの一言居士さん
  • 情報提供外食デフレからの脱却 フランチャイズの豆知識フランチャイズの一言居士さんのプロフィール
  • ラーメンフランチャイズはなかなか成功するのが難しい。グロービートのラーメン花月、味千ラーメンなどが代表格だがナショナルチェーンには程遠い。その中で、かつてはデフレの勝ち組であった幸楽苑の低迷が続く。幸楽苑といえば、290円(税抜き)のラーメンが目玉商品だった。最近ではペッパーフードが展開するいきなりステーキのFCに加盟し、不採算店の業態転換を図る。一方、同じくデフレ時代に低価格路線で脚光を浴びたリンガ
5位 藤原義塾さん
  • 情報提供キャベツが半玉250円! 野菜も米も高騰で外食産業も家庭も悲鳴か フランチャイズ地獄からの脱出藤原義塾さんのプロフィール
  • 今朝の朝日一面。「高い野菜 寒い懐」の見出し。キャベツも白菜も大根も2倍の高値とのこと。昨秋の長雨、台風が尾を引いている様子。レタスは2,4倍、キャベツ2,1倍、白菜大根は2倍らしい。「ウーム、とにかく野菜が高い。きのうスーパーで小さいキャベツ半玉で250円で目の玉が飛び出したな〜(TT)外食産業の経営者のかたのご苦労が偲ばれるな・・。野菜炒めなんかモヤシだらけにして原価率を下げているんだろうな〜」などと思った次
6位 osaさん
  • 情報提供フランチャンズショーでぼんやり聞くよりも フランチャイズによる初めての開業 osaさんのプロフィール
  •  前回、開業した時の店舗の売上げを予測することを考えました。今回は、開業した場合の費用を考えてみます。売上げを上げるためには、その裏付けとなる費用がかかります。  一応、飲食店をモデルにして考えます。費用には直ぐに頭に浮かぶ人件費、店舗家賃、水道光熱費など、売上げとは無関係に開店するだけでかかる費用の固定費があります。  また、仕入代金、材料費、消耗品費など、売上げに比例して費用がかかる変動費とがあ
7位 藤原義塾さん
8位 アントレ藤原さん
  • 情報提供フランチャイズ本部もけっこう消えてなくなっているもの フランチャイズ起業ヒミツ塾アントレ藤原さんのプロフィール
  • フランチャイズ関連の雑誌が二十年分くらいたまってしまい、仕事部屋の片付けをして資源ごみで出そうかと思案中。 片付けながらもついパラパラと昔の雑誌をめくる。 すると、「わー、このフランチャイズ本部、もうあとかたもなく消えているな〜」などと思う本部がいくつもあることごわかる。 フランチャイズ加盟店の寿命も短いですが、フランチャイズ本部も長続きせず泡のように消えていった本部もたくさん。 それだけビジネスの
更新時刻:18/01/16 20:30現在