人事労務・総務 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/02/24 00:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
雑用庶務さん

2位
社員のやる気を働きがいに繋げる人事制度を創るさん
  • 情報提供どうしても社員に評価差をつけたければ? 佐賀の社労士が人事制度を革新!最強の人創り経営戦略社員のやる気を働きがいに繋げる人事制度を創るさんのプロフィール
  • あなたの会社はなぜ「人創り」をしたいのか明確になっていますか? 「人創りのしくみ」の改革を行うとき ○今までのしくみでは年功的なになっているので  成果が出せた人とそうでない人の格差がつくようにしたい ○実力のない人は、自分から辞めていく制度にしたい ○年功的な評価にならないよう評価基準を明確にしたい ごく普通に考えることですね。 しかし格差がつくようにすれば、何が変わるのですか実力のない人とはど

3位
人事太郎さん
  • 情報提供働き方改革:勤務間インターバルとは 人事、労務のあれやこれ人事太郎さんのプロフィール
  • 働き方改革の一環として推奨されているのが勤務間インターバル。終業時間から次の始業時間まで一定の休息時間をとれるようにしましょうという制度。例えば、8:00〜17:00の所定時間の事業所。残業で23:00まで働いたという場合、翌日の始業までは9時間の休息時間。これを11時間の休息時間を設ける場合は、翌日の始業が10:00となる。欧州では24時間のうち連続11時間は時間を確保しなければならないとなっている。よくこの事例を取
4位 人事太郎さん
  • 情報提供研修で得た知識と日常業務の接合 人事、労務のあれやこれ人事太郎さんのプロフィール
  • 階層別研修、専門研修などで知識を得た。ロープレやらグループ討論などでより身についたと思う。ただ、日常業務に戻ると知らぬ間に頭からスルッと抜け落ち何もなかったがごとく日々を過ごす。やっぱ研修なんて効果はないわ、行けって言われてるから受けてるんですよ仕事忙しんだけどね〜。こんな感じでループしちゃう。何が足りないか。研修で学んだ事が日常業務にどう活用できるか?はたまた日常業務では活用機会がなくとも、是非
5位 第三社労士さん
  • 情報提供教育トレンドの移り変わりと危険性 ④ 社労士目線の小売りサービス塾第三社労士さんのプロフィール
  • これから記述していくことについてですが、※塾側としては、本部などの意向がありますからどうしようもありませんので、 そこで勤務している講師等に責任はほとんどありません。※塾選び(保護者側)のために有効なこととして書いていこうと思います。ということを理解して頂くと助かります。(2) 講師が若い学生講師かどうか新規テーマに関しては、担当講師にきっちりと教育を行ない、模擬授業などを行なっているかどうかが重
6位 井上 智介さん
  • 情報提供情報があるだけじゃ、良くならない。 あなたの会社は大丈夫?関西発!たたかう産業医!井上 智介さんのプロフィール
  • はい、どーも!井上です。 これまで新型うつ病の人と言われる人とたくさん面談しましが、 その中で気になったのは情報の多さにふりまわされていることです。 今の世の中には情報があふれていますね。Googleに聞けば、ある程度の答えが返ってきます。 便利な世の中になりました。 でも、返ってくる答えの数は膨大ですよね。 仕事に関して言えば、自分と同年代の年収や働き方なんかも、簡単に知ることができました。 その結果・
7位 団塊社労士Mさん
  • 情報提供知っておきたい人事関連情報 「団塊社労士M」の人事・労務情報団塊社労士Mさんのプロフィール
  •  最近の人事関連情報をまとめましたのでご覧ください。1.副業・兼業の促進に関するガイドライン2.労働者の募集や求人申込みの制度が変更されています3.雇用保険の離職証明書の有期雇用労働者の離職理由の取り扱いを変更4.無期転換ルールに関する取り組みを強化 相談ダイヤルを設置(厚労省)5.平成30年3月から年金関係の各種申請・届出等の様式にも個人番号欄6.キャリアアップ助成金 平成30年度から変更を予定 平成
更新時刻:18/02/24 00:30現在