TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

経営支援 新着記事

NEW POST
help
  • こんなことがあると、ブログを書いた価値を感じます。

    1329号目   大した記事を書いてないのに、ブログへのアクセス数が、なぜか通常よりも、数百も増えることがあります。 特定の日のブログの閲覧件数が増えたのでは…

    小林弘昌税理士事務所

    金沢の公庫実績No.1税理士

    読者になる
  • いよいよ始まるGo to eat。クーポン券の申込期間や開始時期に注意!

    要注意!Go to eat10月より順次開始されるが、地域によって発券方法がバラバラ。Go to eat がいよいよ10月から準備が整った地域から開催されるとの発表がありました。ただし、地域によって開始時期が微妙に違ったりするので、かならず

    諸刃

    morohablog~モロブロ~

    読者になる
  • 家賃支援給付金は手間と時間がかかりますね!

    こんにちは。本日小規模事業者持続化補助金の仕事のゴールがやっと見えてきました。以前にも書きましたが、小規模事業者持続化補助金の依頼が多く、私1人では対応ができ…

    iriguchi

    起業支援専門の行政書士です!

    読者になる
  • 【休日の呟き】抜け殻状態、何する気力もなく

    出張疲れも出るここ最近、昨日から何する気力もなく休日をただ呆然と過ごしている。ホテル宿泊はストレス解消にはもってこいでも今回は講習2日間に持てるパワーに全力を注ぎ込み、今は抜け殻状態ってところかな。まるで晩秋のように加齢に枯れていく歳を切実に感じている。『どんな日であれ、その日をとことん楽しむこと。ありのままの一日。ありのままの人々。過去は、現在に感謝すべきだということをわたしに教えてくれたような気がします。未来を心配してばかりいたら、現在を思うさま楽しむゆとりが奪われてしまうわ。』(オードリー・ヘップバーン)スマホの予定表、来週からを確認。飛び石にスケジュールが入っているが唯一生る証しと思うならこれに従うしかない。まあ愉しんで充実していればそれでよしと言うことか。デスクワークは明日すればと滅多にない先送りをす...【休日の呟き】抜け殻状態、何する気力もなく

    徳ちゃん先生

    徳永則幸の繁昌リポート

    読者になる
  • 辞書のある生活

    こんにちは。20期の安納です。暑さ寒さも彼岸まで、とはよく言ったもので、朝晩などは寒いくらいに感じます。先日、偶然にもサプライズの打ち上げ花火を見ることができました。花火大会や夏祭りなど、季節の風物詩を楽しむ機会が少ない中、ありがたく観覧しました。国語辞典を買うこのサプライズ花火を見ることができた日、昼間は書店で国語辞典を探しておりました。稼プロ!初回に「折に触れ、辞書を引いて言葉の意味を確認するとよいです」と指導いただいておりましたものの、そういえば自宅に適切な書籍が無いことに気が付きまして、新しく国語辞典を購入することにしたのです。中身にそれほど相違はないだろう、と高をくくって各社の書籍を探ってみたのですが、体裁の差異(大きさ、二色刷り等)はもとより、言葉の定義が微妙に異なっています。色々と話題になる「メリ...辞書のある生活

    カセプロブログ

    「稼げる ! プロコン育成塾」ブログ

    読者になる
  • 神謡=「特殊で優れた口承文芸」 北道邦彦著「4.まとめと検証」

    「アイヌには文字がない」ことと考える研究者がいるも、これはたいへんな思い違いで「思い上がり」とする著者。「叙事詩は文字を使わないからこそできる芸術です」(152p)。一つの転機があった。1963年3月、東京・池袋の百貨店で開催された「アイヌ文化展」を見学.列品されていた「うず高く積まれていたノートの前で動けなくなってしまいました」。そう、回想する。「(大学ノートにギッシリ書かかれた)それらの叙事詩がそっくり(註金成)マツさんの頭の中に収まっているからだと考えたからです」(153-54p)。著者はその4月から勤務先の高校生に語りかけたと。「文字をもたない言語の人たちの記憶力のすごさについて、生徒たちに語り聞かせたものでした」(同)。神謡の伝承者を、1)「そっくり暗誦しているということではないのです」2)「母や祖母...神謡=「特殊で優れた口承文芸」北道邦彦著「4.まとめと検証」

    pacific0035'写真BBS

    pacific0035'写真BBS

    読者になる
  • 知らなかったこんなにあった支援策

    稼プロ!スタッフの武井です。例年、この時期のブログは「合宿」についてご紹介していますが、今年は1か月遅れでスタートしたため違う話題です。先日の連休を使って、都内在住の父のところへ顔を出してきました。小規模事業者でもある父から「こんなの届いたぞ」と見せてもらったのが、東京都産業労働局が発行している『新型コロナウイルス感染症に係る緊急支援策』の冊子でした。ということで、さっと見てみると・・・・「こんな支援策もあったんだね~」関心する事業主の父と私。(父の会社も収入源ですが、コロナが原因ではないので支援策はなしの方向)給付金、助成金等、有志、相談、専門家派遣、その他と分野がわかれていますが、数を数えてみたら、このようになりました。(現在、受付期間が終了しているものも含まれます)「さすが、財源が違うな東京、こんなにたく...知らなかったこんなにあった支援策

    カセプロブログ

    「稼げる ! プロコン育成塾」ブログ

    読者になる
  • 面は6、できれば12<物語創造>。資源を生涯学習で活かす道200924

    当面は6、できれば12<物語創造>。資源を生涯学習で活かす道200924。『北海道新聞』は9月22日からその3面に「夕張」を取り上げている。「発信地域から」欄で、「コンパクトシティ目指す町で」の3回シリーズ。「再編計画住民の絆尊重」「地区活性化懸命に模索」と続く3話目は「炭都の誇り継承に知恵」。そのプログラムのめざす到達点の一つに、「『石炭歴史村』活用を」と提案する。その記事の趣旨は掲載写真の通りである、が。「石炭歴史村」がどのような施設、資源であるかは記載しない。その指定管理者代表は、以下のように述べている。(吉岡宏高理事長談)「これも観光資源なのに」。続けて、記事は書く。ドイツの旧炭鉱施設が観光活用されていることなどを挙げ、炭鉱遺産を生かした地域再生を図る動きが世界的に広がっていると説明。(同氏(「歴史村も...面は6、できれば12<物語創造>。資源を生涯学習で活かす道200924

    pacific0035'写真BBS

    pacific0035'写真BBS

    読者になる
  • 求む! 藤島高校卒業生!

    私の母校である福井県立藤島高校の校風は、昔の藩校で旧制中学の流れを汲む文武両道をいくものでした。福井県民の真面目さと辛抱強さを併せ持ち、コツコツと取り組ん...

    淺地 紀幸

    浅地紀幸の一言

    読者になる
  • 手の平で、コロコロと・・・

    コロナ対策の融資は、元金棚上げや実質無利息などという常軌を逸した条件で、ほぼフリーパスで実行されますから、融資先も金融機関も、満面の笑みになるしかありません。 しかし、コロナ禍が落ち着いた近い将来、体力を消耗したであろう中小事業者に対して、金融機関は仏の仮面を脱ぎ捨て、鬼の顔で弁済を迫ってくるようになるのです。

    経営危機打開

    倒産回避への善戦苦闘日記

    読者になる
  • リモートワークのデメリット

    稼プロ!20期生の山崎です。今回はコロナ渦で一気に広まったリモートワークについて所感を述べようと思います。すっっっっごく便利です。通勤時間が無くなる。昨日のように台風が来ても、自宅で仕事をできる。傘をひっくり返され、スラックスはずぶ濡れ、職場に到着した時点でもう体力的にボロボロなんてことが無いのは、本当にありがたいことです。ただ、「何かが足りない」ような感覚を持っている方、いらっしゃいませんか?いち労働者としては、余りあるほどのメリットを享受できる一方、組織の要素すべてがフルリモートで完結するかというと、疑問です。仕事は終わります。ただ、その先の発展を想像しづらいのです。なぜでしょうか。リモートワークのデメリットを自分なりに考えてみました。■デメリット①人的関係性希薄化表情・声・態度などの非言語情報、「大丈夫?...リモートワークのデメリット

    カセプロブログ

    「稼げる ! プロコン育成塾」ブログ

    読者になる
  • 補助金倒産は避けてください。

    1328号目  『新分野チャレンジ緊急支援費補助金』の延長された申請期限である9月末まで、残り僅かです。      当初の申請期限は、6月末でしたが、先に出し…

    小林弘昌税理士事務所

    金沢の公庫実績No.1税理士

    読者になる
  • 3公社5現業の次は「公共放送」を標榜するNHKの分割民営化

    3公社5現業の次は「公共放送」を標榜するNHKの分割民営化 藤原義正です。 おはようございます。 3公社5現業。これを実感として知る人は、日本国民の中では相当…

    藤さん

    藤さんこと藤原義正のお悩み相談室 発芽塾

    読者になる
  • 【座学ネタ話】若い人達より優れていること

    シニア講習会2日目。経営にはSWOT分析なるものがあるが、講習の合間を利用して自分達のSW分析を考えてもらった。そんなの何の意味があるのかと半信半疑だったが、ホワイトボードに次々と書き出すと結構な数になった。因みにSとは強み(Strength)であり、Wは弱み(Weakness)でそれぞれの頭文字である。個人的な見解はさて置き、W(弱み)の面で同世代の共通項を出してもらったら、体力、物忘れ、頑固、持病など山ほど。それではS(強み)はと言うと誰からも答えが出ない?そこで三知の話し。知恵は生来のもの、知識は学問や書物で、知恵は長い経験から、とアドバイス。だから推察力、判断力、対応力が若い人より数段に優れている、それが強みと付け加えた。まだまだ元気なシニア世代、不要なものは過去の勲章と意固地な頭ぐらいで、一般の企業が...【座学ネタ話】若い人達より優れていること

    徳ちゃん先生

    徳永則幸の繁昌リポート

    読者になる

「経営ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)