人事労務・総務 新着記事

?
  • 年5日の年休取得義務への対応

    2019年4月より段階的に施行される改正労働基準法の中でも、すべての企業が対応しなければならない事項として、年次有給休暇の取得義務があります。今年9月には労働基準法施行規則が改正・公布され、また通達も発出されたことにより、具体的に求められる対応が明らかになりました。そこで今回は、年5日の年休の取得義務への対応について解説します。↓旬の特集はこちらからhttps://www.ykroumu.com/season_contents.html~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~3/12セミナー『正規・非正規社員!その違いは?』同一労働・同一賃金時代がやってくる。。。↓詳細・お申し込みはこちらから↓https://www.ykroumu.com/form_020.html~~~~~~~~~~~~~~~...年5日の年休取得義務への対応

    ykroumu

    こいけのひとりごと(人事労務)

  • 現在と昔のストレス源を見直してみて分かること

      はい、どーも!井上です! 関西を中心に精神科医かつ産業医しています!  ラフな人生をめざしていきましょう(^^)   突然ではありますが、ストレスの発散っ…

    井上 智介

    あなたの会社は大丈夫?関西発!たたかう産業医!

  • 3/12大阪セミナー開催【同一労働・同一賃金時代がやってくる】

    同一労働同一賃金のセミナーを開催いたします!フルってご参加ください。。。~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~『正規と非正規社員!その違いは?』。。同一労働・同一賃金時代がやってくる。。日時:2019年3月12日(火)18:30~20:30場所:エル・おおさか南館7階大阪市中央区北浜東3-14http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html費用:1,000円主催:社会保険労務士法人オフィスりあん講師:こいけ靖子人事・労務コンサルタント・特定社会保険労務士・産業カウンセラー・個人情報保護士~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~成立した「働き方改革関連法」の中で、実務に大変影響がある正規・非正規社員の均等・均衡待遇な...3/12大阪セミナー開催【同一労働・同一賃金時代がやってくる】

    ykroumu

    こいけのひとりごと(人事労務)

  • ゴーン被告 保釈請求却下

    ゴーン被告 保釈請求却下 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 ゴーン被告の代理人弁護士が保釈請求したところ、東京地裁はこれを却下したと報道されていま…

    藤さん

    藤さんこと藤原義正のお悩み相談室 発芽塾

  • ファミリーデーを盛り上げる社内イベントアイデアにしていただきたい、全員参加型マジックショー事例

    こんにちは、忍者マジシャンのMr.ニンニンです! 某企業様主催の社内イベントでステージマジックショーを実施させていただきました。  特に、家族も招待する社内イ…

    ニンニン

    コミュニケーションマジシャンMr.ニンニンBlog

  • 感情のバランスを整えるために触れ合いたいモノ

      はい、どーも!井上です! 関西を中心に精神科医かつ産業医しています!  ラフな人生をめざしていきましょう(^^)   人間の感情は1つでだけで成立している…

    井上 智介

    あなたの会社は大丈夫?関西発!たたかう産業医!

  • 適者生存で行きましょう。

    岩田健一のメルマガ登録はこちら毎月1日15日配信予定 お問い合わせはこちら24時間対応(72時間以内に返信がない場合、恐れ入りますが下記電話までご連絡ください…

    誠実に貢献するリレーションシップパートナー岩田健一

    人事とお金をつなげるコンサルで笑顔あふれる会社作り

  • 過重労働解消相談ダイヤル」の相談内容は「長時間・過重労働」が4割

    過重労働対策として、国は様々な対策を行っていますが、その一つに、毎年11月に行われる過重労働解消キャンペーンがあります。先日、この過重労働解消キャンペーンの一環として行われた「過重労働解消相談ダイヤル」の相談結果が公表されました。今回はこの相談結果の概要と具体的な相談事例をとり上げましょう。↓説明の続きはこちらから↓https://www.ykroumu.com/news_contents_5445.html~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~3/12セミナー『正規・非正規社員!その違いは?』同一労働・同一賃金時代がやってくる。。。↓詳細・お申し込みはこちらから↓https://www.ykroumu.com/form_020.html~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~【求人】正社員、パ...過重労働解消相談ダイヤル」の相談内容は「長時間・過重労働」が4割

    ykroumu

    こいけのひとりごと(人事労務)

  • 新人警察官のあなた 警察学校の教育訓練やり遂げて

    新人警察官のあなた警察学校の教育訓練やり遂げて 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 以前にも書かせていただきましたが、藤原義正は広島県警察の機関誌「…

    藤さん

    藤さんこと藤原義正のお悩み相談室 発芽塾

  • 海外転勤は単身赴任か家族帯同か?どちらが良い?メリットとデメリットまとめ

    夫の海外転勤が決まったときに、妻はどうしたらいいのでしょうか。 既に仕事をしている人なら、「このまま日本で仕事をしたい」という悩みも出てきますし、「子供を転校させたくない、日本の学校に通わせたい」という希望もあるでしょう。 なにより「海外生活に抵抗がある」という方もいらっしゃるのではないでしょうか? 家族帯同で海外に行くかどうかは、家族にとって大きな選択になります。 そこで、今回は、海外転勤は単身赴任か家族帯同か、どちらが良いのか、いくつか検討ポイントを挙げてみました。 赴任時の参考になれば幸いです。 1.海外勤務における単身赴任のメリット・デメリット まずは、「夫の単身赴任」のメリット・デメリットを挙げてみましょう。 (というか、メリデメは表裏一体ですね・・・^^;) 夫の単身赴任のメリット ・子供に日本の教育を受けさせられる ・日本での生活ができる ・仕事ができる(続けることができる) ・夫は気楽に仕事に専念できる 子供に日本の教育を受けさせられる 子供に日本の教育を受けさせられるというのが一番のメリットではないでしょうか。 もちろん、海外にいることで子供に外国語を体験させられることもできますし、現地でも日本教育を受けられる日本人学校もありますので、そんなに心配することはないかもしれません。 生活に慣れるまでにはかなりのストレスを感じたり、転校によって、その土地になじめなかったりすることを考えると、やはり今まで通り、日本で教育を受けさせたいと考える方も多いようです。 日本での生活ができる やはり、日本の生活は快適です。夫がいた今まで通りの生活、とまではいかないにしても、安心して日本で生活を送ることができます。 特にお子様がいる場合、任地の治安面が心配なケースもあるでしょう。 お子様が小さいほど、大きな変化を強いられる海外赴任を敬遠してしまう人が多いようです。 妻も仕事ができる(続けることができる) 今は共働きも多いので、仕事を持っている妻は当然仕事をやめなければなりません。 また、帯同した場合、妻はビザの関係で現地で仕事ができません。 これは、今までバリバリ働いてきた人にとっては結構つらいことです。。 夫の手当が増えるとはいえ、家計の面でも心配が増えるかもしれません。 もちろん、日本にいれば仕事もできますし、続けることができます。 夫は仕事に専念できる

    kaigaisusume

    海外勤務のすすめ

  • 試験会場の下見は意外と大切かもしれない

    私の中では、受験が翌年に決まった時点でその年の試験には興味がなくなったので当然試験がいつなのかを意識することもなかったのですが、案外周囲のほうが意識してたりしてせっかく試験本番の空気を味わえるのになぜ見に行かないのか、と言われたことを今でも覚えています。

    影人事課長

    俺はもうスーツを着ない

  • その場で一瞬にして不安を軽減させるたった1つの方法

      はい、どーも!井上です! 関西を中心に精神科医かつ産業医しています!  ラフな人生をめざしていきましょう(^^)   人間ならば、誰だって必ず不安や心配に…

    井上 智介

    あなたの会社は大丈夫?関西発!たたかう産業医!

  • 年金制度の維持ってみんなで考えないといけないですね。

    岩田健一のメルマガ登録はこちら毎月1日15日配信予定 お問い合わせはこちら24時間対応(72時間以内に返信がない場合、恐れ入りますが下記電話までご連絡ください…

    誠実に貢献するリレーションシップパートナー岩田健一

    人事とお金をつなげるコンサルで笑顔あふれる会社作り